ネットワークについて知る

ここでは、コンピュータを管理するための仕組みである、アクティブディレクトリについての情報をお伝えしていきます。
必要性や目的は何なのかという事から、設定や編集の流れなどの実用的な情報までを掲載しています。
また、この方法には様々なメリットがあり、それらについての記載も多くあります。
バラバラでは学びにくい、これらの様々な情報をここでまとめて学ぶことにより理解をより深め、日々の業務などに活かしていきましょう。

アクティブディレクトリの必要性

アクティブディレクトリの必要性 アクティブディレクトリの導入は必要なのか、という必要性について疑問を感じている人もいるのでは無いでしょうか。
アクティブディレクトリは、企業でパソコンを使う作業をする限りほとんどの場合必要であると考えられます。
同じネットワークにつながっているパソコンの一元管理というのは、セキュリティの点や業務の能率を上げる観点からも必要となってきます。
このアクティブディレクトリを利用していないと、会社の中のパソコンそれぞれにセキュリティ能力の違いが出てしまう恐れがあるため、それを防ぐために一元管理して能力を均一化する必要があります。
また、アクティブディレクトリを利用していないパソコン同士の連携には毎回IDなどの認証が必要になります。
その時間を省けるという事もこのアクティブディレクトリのメリットです。

アクティブディレクトリへの移行方法とメリットについて

アクティブディレクトリへの移行方法とメリットについて アクティブディレクトリとはMicrosoft社が開発したディレクトリサーバー用のOSのことで、内部ネットワークのドメインの管理や認証情報の記録、DNSなどの機能を保有しています。
そのためアクティブディレクトリに移行することにより、大学や企業などの大規模な内部ネットワークでのドメインの階層構造を確保したり、DNSSECなどドメインの詐称に対する対策についても徹底的に対策されています。
これらのメリットだけでなく、アクティブディレクトリには従来型のNTサーバーとは違って、オープンソースの技術が用いられているのです。
他にも、これまでは大規模なネットワークでは保守が困難でしたが多機能化によって管理の単純化が推進されています。
オープンソースのLDAPやDNSが技術が用いられることにより、サーバーのアップデートが用意になるだけでなく、内部の仕組みを把握しやすいのでバグや不具合が発生した場合にトレースしやすくなります。
移行方法はこれまでのサーバーで使用していたドメインの情報や認証情報を、新しいアクティブディレクトリを搭載したサーバーにコピーする必要があるので注意しましょう。
そして膨大な量のドメイン情報を保有することになるので、セキュリティ対策についても考慮する必要があります。

サーバ監視でもっと輝く

アクティブディレクトリについて詳しく知るなら